博士課程

大学院医工農学総合教育部博士課程 統合応用生命科学専攻の紹介

生命工学科に関連する博士課程には生命農学コースと生命工学コースがあり、最新の生命科学の知見に基づき医工農分野の知識と技術の「統合力」を身につけた高度専門職業人及び研究者として社会に貢献する志のある学生を求めます。

生命農学コース:応用微生物学(生態、探索・分類、利用)及び植物機能開発等の分野の知識と技術を深め、食品製造、創薬、環境保全等に応用することで地域及びグローバル社会の発展に貢献します。3年間の課程を修了することにより「博士(農学)」の学位が授与されます。

生命工学コース:発生工学等の高度な生命工学の知識と技術を深め、これを応用してバイオ関連分野、特に生殖医療、再生医療及び畜産業などの産業界や関連する研究分野において地域及びグローバル社会の発展に貢献します。3年間の課程を修了することにより「博士(生命工学)」の学位が授与されます。

入学方法

希望する教員に連絡をお取りください。
入学案内および募集要項は下記のホームページをご覧ください。

山梨大学 大学院入試情報

生命農学コースの教員と担当授業科目、研究内容

担当教員 職名 主な授業科目 主たる研究内容
谷本守正 教授 食品化工・栄養学特論 食品レオロジーを主とした食品の物性に関する研究
柳田藤寿 教授 発酵微生物学特論 発酵性微生物と発酵食品に関する研究
奥田徹 教授 食品成分解析学特論 機能性成分の分離・分析とその利用法の開発
鈴木俊二 教授 植物機能開発学特論 ワイン醸造用ブドウの生理学および病理学
望月和樹 教授 食品加工・栄養学特論 生活習慣病を予防する食生活・食事因子の作用機序の解明
岸本宗和 准教授 発酵微生物学特論 ワイン醸造微生物の分類と利用に関する研究
大槻隆司 准教授 微生物利用工学特論 微生物・微生物群機能の高度活用によるバイオマス有効利用
野田悟子 准教授 環境微生物学特論 環境微生物の進化・生態学的研究
久本雅嗣 准教授 食品成分解析学特論 ブドウやワイン中のポリフェノールに関する研究
山村英樹 准教授 微生物分類学特論 微生物のゲノム情報を用いた分類学
乙黒(小林)美彩 准教授   ワイン醸造微生物の多様性と醸造特性
中川洋史 助教   微生物の特殊環境適応機構と育種に関する研究
       

 

生命工学コースの教員と担当授業科目、研究内容

担当教員 職名 担当授業科目 主たる研究内容
黒澤尋 教授 細胞培養工学特論 ヒトiPS細胞の増殖と分化の制御
若山照彦 教授 応用発生工学特論 発生工学を用いた哺乳類の生殖技術開発
岸上哲士 教授 発生エピジェネティクス特論 哺乳類の初期発生に関する研究
笠井剛 准教授 臨床生殖医学特論 精子授精能に関する研究
神沼修 准教授 応用生体防御学特論 生体防御機構とその破綻に関する発生工学的研究
新森英之 准教授 生体超分子科学特論 生体関連物質の化学的解析とナノバイオテクノロジーへの展開
大山拓次 准教授 構造生命科学特論 生体超分子の構造生物学
若山清香 助教 応用生殖細胞工学特論 生殖細胞および体細胞を用いた遺伝子保全技術
川上隆史 助教 分子進化工学特論 ケミカルバイオロジー手法を用いた新規創薬関連技術の開発
       
       
       
       

 

ページの先頭に戻る