カリキュラム案内

生命工学科カリキュラムと授業科目の紹介

生命工学科は、最先端のバイオサイエンスを基盤に、高い創造力をもって未来のバイオ産業を担うことのできる人材を養成します。
  本学科では、バイオインフォマティクス、ナノバイオテクノロジー、ゲノミクスを始めとする最先端バイオを学ぶことにより、食料生産・食の安全(植物バイオ、発酵食品、機能性食品)、健康増進(医薬品、酵素、化粧品、香料)、再生医療(iPS細胞、ES細胞、クローン技術)、バイオエネルギー、環境保全などに関する新しい技術を創出する能力を身につけることができます。

生命工学科では上記の教育を実践するために、次のようなカリキュラムを組んでいます。

1年次

主に、人間形成科目、語学教育科目、および教養教育科目からなる全学共通教育科目と、学部共通科目および理系共通科目からなる専門基礎科目として、生物学概論、基礎生物学、化学概論、基礎化学、生命倫理学、共生科学入門、生命環境基礎ゼミ、情報処理及び演習、基礎数学、基礎数学演習、微積分学等の科目を履修します。

2年次

全学共通教育科目と、専門基礎科目として、生命科学概論、生物資源論、生物資源実習、基礎統計学、基礎統計学演習、リスクマネジメント概論、基礎物理学I等の科目を履修します。さらに、生命工学の専門領域の知識を深めるための専門発展科目として、応用微生物学I、動物解剖学、細胞生理学、生物化学工学I、遺伝科学概論、発生工学等の講義科目を履修します。また、専門発展科目の演習科目として生化学演習を、実験・実習科目として化学実験や発生工学基礎実習等を履修します。

3年次

専門発展科目の講義科目として生物化学工学II、バイオインフォマティクス、構造生物学、細胞培養工学、遺伝子工学、技術英語Ⅰ、技術英語Ⅱ等、演習科目としてゲノミクス演習、実験科目として、生物工学実験Ⅰ(生物化学)、生物工学実験Ⅱ(培養工学)、生物工学実験Ⅲ(応用微生物学)、および生物工学実験Ⅳ(遺伝子工学)を主に履修します。実験科目に多くの時間をかけ、実際に手を動かして生命現象を自分の目でみて考えることを大切にしています。

また、職業観を涵養するため企業・官公庁等で一定の期間、就業体験を行うインターンシップⅠおよびインターンシップⅡの専門特別科目を履修することもできます。

4年次

主に、専門特別科目としての生命工学卒業論文、科学英語演習Ⅰ、科学英語演習Ⅱを履修します。卒業論文のために研究室に配属され、微生物・動植物細胞の機能開発、地球環境修復、食料及び再生可能エネルギーの確保、食品の安全性・機能性の向上、健康増進等の専門分野の研究を行います。それまでに修得した基礎知識と基礎技術を駆使して各課題に取組むことによって、創造性の高い課題解決能力を身につけます。

また、大学院へ向けた専門知識を身に付けるための特別講義として、特別講義Ⅰ(ワイン醸造学)、特別講義Ⅱ(醸造技術概論)、特別講義Ⅲ(最先端バイオサイエンス)、特別講義Ⅳ(最先端バイオテクノロジー)も履修できます。

生命工学科専門科目

生命工学科の専門科目を下記に示します。なお、これらの専門科目の他に、全学共通教育科目(人間形成科目、語学教育科目、教養教育科目)も履修します。

部門 系列 授業科目の名称 配当年次 単位数
必修 選択
専門基礎科目 学部共通科目 共生科学入門 1前 2  
生命環境基礎ゼミ 1前 2  
生物資源論 2前 2  
生物資源実習 2後    
情報処理及び演習 1前 2  
基礎統計学 2前 2  
基礎統計学演習 2前 2  
生命科学概論 2前 2  
食物科学入門 1後   2
環境科学入門 1後   2
経済経営学入門 1前   2
リスクマネジメント概論 2後 2  
生命倫理学 1後 2  
小計(13科目) - 19 6
理系共通科目 基礎数学 1前 2  
基礎数学演習 1前 2  
微積分学 1後 2  
線形代数学 1後   2
基礎物理学Ⅰ 2前 2  
基礎物理学Ⅱ 2後   2
化学概論 1前 2  
基礎化学 1後 2  
生物学概論 1前 2  
基礎生物学 1後 2  
生命科学方法論 3・4前   2
環境健康科学 3・4後   2
小計(12科目) - 16 8
専門発展科目 生物無機化学 2後   2
生物物理化学 1後   2
生物分析化学 1後   2
生物化学工学I 2後 2  
生物化学工学II 3前   2
遺伝科学概論 2後 2  
化学実験 2前 2  
応用微生物学I 2前 2  
応用微生物学II 2後   2
生体触媒学 2後   2
生体物質論 2前   2
構造生物学 3後   2
生物有機化学 2後   2
細胞培養工学 3後   2
動物解剖学 2前 2  
発生工学 2後 2  
細胞生理学 2前 2  
遺伝子工学 3前   2
生物工学実験Ⅰ 3前 3  
生物工学実験Ⅱ 3前 3  
生物工学実験Ⅲ 3後 3  
生物工学実験Ⅳ 3後 3  
生化学演習 2後 1  
ゲノミクス演習 3前 1  
発生工学基礎実習 2後 2  
技術英語Ⅰ 3前   2
技術英語Ⅱ 3後   2
バイオインフォマティクス 3前   2
微生物育種学 3後   2
発酵工業学 3前   2
食品成分分析学 2前   2
農作物病理学 3後   2
栽培植物育種法 3前   2
食品加工学 2後   2
基礎生化学実習 2後   4
環境毒性学 3後   2
環境保全学 3後   2
地球環境科学 1後   2
経営学総論 4後   2
法律学概論 4後   2
科学技術政策論 4後   2
小計(41科目) - 30 56
専門特別科目 科学英語演習Ⅰ 4前 2  
科学英語演習Ⅱ 4後 2  
特別講義Ⅰ 4通   1
特別講義Ⅱ 4通   1
特別講義Ⅲ 4通   1
特別講義Ⅳ 4通   1
インターンシップⅠ 2・3通   1
インターンシップⅡ 2・3通   1
生命工学卒業論文 4通 6  
小計(9科目) - 10 6
  合計(75科目) - 75 76

なお、学生実験および卒業論文研究の様子は次の通りです。


3年生学生実験
【3年生学生実験】
午前中は専門発展科目を中心とした講義と演習、午後は月曜日から金曜日まで全て学生実験になり、生物工学実験Ⅰ(生物化学)、生物工学実験Ⅱ(培養工学)、生物工学実験Ⅲ(応用微生物学)、および生物工学実験Ⅳ(遺伝子工学)を履修します。

4年生卒業論文研究
【4年生卒業論文研究】
各研究室に所属し、1年間かけて研究を行ない、卒業論文を完成させます。

4年生卒業論文研究
【4年生卒業論文研究】
研究室では学生各々にデスクが与えられます。大学院(修士課程、博士課程)に進学する場合は多くの学生がそのまま研究室に残り、研究を発展させていきます。

修士課程、博士課程
【修士課程、博士課程】
研究が進展すると、学会で発表を行ないます。
修士課程、博士課程

 

ページの先頭に戻る