学科の概要

1.学科の目的と特色

生命工学は生物が持つ多様な機能を解明し、それらの応用を目指す学問分野です。生命工学が生み出す先端のバイオテクノロジーは広い分野に大きな変革をもたらしています。

本学科は、バイオテクノロジーによって解決すべき課題を自らの力で見出し、それらの課題を高い創造性をもって解決できる能力を備えた技術者、研究者等の養成を目的としています。

生物資源として微生物、動植物細胞を対象とし、新規生物資源を探索するとともに、それらの多様な構造と機能を生体物質化学、生化学、構造生物学、遺伝子工学等の立場から教育します。そして、食料生産、健康増進、再生医療、老化防止、再生可能エネルギー、環境保全、及び食の安全に関わる技術を創出するための教育・研究を展開します。さらに、生命工学としての特徴をより鮮明に打ち出すため、植物バイオ、ゲノミクス及びタンパク質構造解析(バイオインフォマティクス)に関する教育を取り入れるとともに、多能性幹細胞(iPS細胞やES細胞)の分化誘導技術やクローン技術に関して生物工学的見地から教育と研究を行います。

2.教育内容の概要

本学科では、3年次前期までに遺伝科学概論、応用微生物学、生体触媒学、遺伝子工学、生物化学工学、生物有機化学等の専門にかかわる基礎知識を修得します。3年次後期までに化学実験及び4分野の生物工学実験(生化学、培養工学、微生物学、遺伝子工学)を履修し、実験手技を習得するとともに生命現象を理解します。4年次では、卒業論文のために研究室に配属され、微生物・動植物細胞の機能開発、地球環境修復、食料及び再生可能エネルギーの確保、食品の安全性・機能性の向上、健康増進等の専門分野の研究を行います。さらに、生命工学の先端分野における研究に必要なゲノム及びタンパク質構造解析の教育を推進するため、バイオインフォマティクス、ゲノミクス演習等の科目が開設されます。また、最先端技術であるiPS細胞の分化誘導法、及びクローン技術に関する教育・研究が行われます。

さらに、本学科のカリキュラムには高等学校教諭普通免許状(理科)の取得に必要な科目がそろっています。

ページの先頭に戻る