学科の歴史

昭和22年 山梨工専に発酵化学研究施設設置。
昭和24年 山梨工専が山梨大学工学部となる。
昭和24年 発酵化学研究施設が工学部附属施設となる。
昭和32年 発酵生産学科設置 学生定員 30名
昭和40年 大学院修士課程設置 発酵生産学専攻
平成元年 化学生物工学科(学生定員110名、生物系40名)となる。
平成4年 大学院博士後期課程新設 物質工学専攻(生物工学講座)
平成10年 物質・生命工学科に改組(生命系40名)
平成14年 物質・生命工学科 生命工学コース(40名)に改組
平成16年 生命工学科(35名)に改組
平成24年 生命工学科(35名)が工学部から生命環境学部に移行
ページの先頭に戻る