人工的に操縦できる生体機能システムの開発~人造生物体の合成を目指して~

実施研究室: 新森研究室

近年、ナノテクノロジーの発展に伴い、人類に有益な物質の開発が分子レベルで設計されています。中でも、生体の機能に習った科学はバイオテクノロジーの発展に大きく貢献し、ナノバイオテクノロジーという新しい分野を確立しつつあります。そこで我々は生体機能を利用した新規な機能性材料の開発や生命現象の分子化学的解明、さらには思い通りにあやつることが可能な生体機能システムの構築を行い、人造生物体の合成を目指しています。もちろん植物や動物を含む生物の構成単位は細胞です。これらをミクロな目で見ればそのほとんどは有機分子であり、微小な化合物が集合して生命活動を担っています。この集合様式にはある決まったルールが存在し、多様な分子を識別しながら相互に作用しています。このことから我々は生体物質に対する分子認識機能を付与した様々な化合物を人工的に合成し、その多彩な機能を細胞環境下で用いて解明することで創薬化学やバイオセンサーへの適用、さらには生体・環境適合材料の開発等に関する研究を行っています。また最近では、世間で大きく叫ばれているエコロジーという観点から、クリーンエネルギーである光を利用する生体機能制御システムの開発も行っています。

在学生のメッセージ
日本農芸化学会若手奨励賞を受賞して(新森研究室:藤巻君)

ページの先頭に戻る