生命工学科4年生 松本金也君がポスター賞受賞

2017年03月04日|お知らせ

 平成29年3月4日(土)、(公社)日本食品科学工学会平成29年度関東支部大会(山梨学院大学)において、生命環境学部生命工学科4年生の松本金也君がポスター発表奨励賞を受賞しました。55件の発表中、8名が表彰されました。発表題目は「ヤマブシタケチーズの抗菌物質生成メカニズム」です。この研究は生命工学科中村和夫准教授、地域食物科学科岸本宗和准教授および地域食物科学科谷本守正教授との共同研究の成果を発表したものです。ヤマブシタケが生産する凝乳酵素を用いたチーズの研究の受賞は27年度および28年度本大会に続いて3年連続の快挙です。


最新情報
ページの先頭に戻る