特別講義Ⅰ 「ワイン醸造学」が実施されました。

2017年09月16日|お知らせ

    平成29年8月31日(木)、9月1日(金)の両日、生命環境学部 生命工学科、地域食物科学科の4年次生が対象の特別講義Ⅰ 「ワイン醸造学」が実施されました。
    講師として、サントリー登美の丘ワイナリー(山梨県甲斐市)の元所長で、現在サントリーワインインターナショナル(株)生産研究本部 技術顧問の大川栄一先生をお迎えし、下記の充実した内容の講義が行われました。

1日目:
    ワイン醸造についてブドウ栽培から貯蔵、熟成に至る一連の製造工程を解説していただきました。さらに、ものづくりにおける品質管理の基本を学ぶために、グループに分かれて、実際に企業の品質管理の現場でも行われている模擬演習が実施されました。この演習は品質管理手順に従って工程改善を行う実践的な内容で、受講生にとって大変貴重な機会になったようです。

2日目:
    午前中は、サントリー登美の丘ワイナリーで、ブドウ栽培とワイン醸造の現場を見学しながらの講義が行われました。午後には山梨大学ワイン科学研究センターの講義室で、ワイン官能評価の講義が行われました。官能評価の講義では、醸造方法・ブドウの品種・産地の違いでワインの味がどのように異なるかなどを、実際に多種類のワインを試飲することで学びました。さらに、品種の異なる赤ワインをブレンドすることで香りや味わいがどのように変化するかを、自分達で実際にブレンドし、試飲・評価することで学びました。

サントリー登美の丘ワイナリーでの見学の様子
 

ワイン官能評価の講義の様子
 


最新情報
ページの先頭に戻る