特別講義II 「ウイスキー製造概論」が実施されました。

2017年09月29日|お知らせ

    平成29年9月27日(水)、28日(木)の両日、生命環境学部 生命工学科、地域食物科学科の4年次生が対象の特別講義II 「ウイスキー製造概論」が実施されました。
    講師として、サントリースピリッツ(株)名誉チーフブレンダーで、NHK プロフェッショナル 仕事の流儀にご出演されたり(*1)、日本人として初めて“ウイスキー殿堂入り”を果たされるなど(*2)、大変有名な輿水 精一先生をお迎えし、下記の充実した内容の講義が行われました。
    なお、輿水先生は昭和48年に本学科の前身である山梨大学工学部 発酵生産学科をご卒業された、大先輩でもあられます。

1日目:
    今日世界の注目を集めるに至った日本のウイスキーづくりの実際とその背景、より高品質で安定した製品を提供するために注力する企業活動の実態、美味さ創造のコア技術である熟成やブレンドについて、詳細に解説していただきました。

2日目:
    サントリー白州蒸溜所と、天然水南アルプス白州工場の見学と、ウイスキーテイスティング体験が行われました。
    ウイスキーの原料である麦汁の仕込みの様子や、発酵中の様子を、特別にタンクや木桶を開けて見せていただき、その温度の高さや香りの良さを直接体感できました。また、蒸溜中の様子も、特別に蒸溜器の間近で見学させていただき、その仕組みや温度の高さを体感できました。貯蔵庫では、熟成中のウイスキーの原酒が入ったたくさんの樽と、貯蔵庫内に立ち込める香りを体感できました。
    ウイスキーのテイスティング体験では、輿水先生にウイスキーのテイスティングの方法をご指導いただき、実際にテイスティングを行いました。ニューポット(樽熟成前の原酒)や、様々な原酒、原酒をブレンドして完成したウイスキーをテイスティングし、美味しさに感動しました。

*1 NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 第32回 2006年11月9日放送
「優等生では面白くない ウイスキーブレンダー・輿水精一」

*2 本学卒業生の輿水精一氏が日本人初の“ウイスキー殿堂入り”


サントリー白州蒸溜所での見学の様子
 

 

 

ウイスキーテイスティング体験の講義の様子
 

集合写真

 

 


最新情報
ページの先頭に戻る