卒業生からのメッセージ

宮木 康有
江崎グリコ(株)
商品開発研究所所長
発酵生産学科昭和53年卒業
修士課程55年修了

『山梨大学での6年間』
小生の人生も後半となりその人生を振り返ってみると、山梨大学での6年間はもっとも変化と成長の著しかった時期であったように思う。高校教育までの授業を受けるという受身の学業と親からの経済的援助で生活していた18歳までの生活から、山梨大学に入学し、自ら学びたい事・研究したいことに能動的に挑戦し、親からの経済的な自立も徐々に確立した6年間でした。社会人として最も必要な資質である「自立・自走する能力」を獲得すべく、自分自身の変化と成長をさせていただいた貴重な時期でした。 特に後半の修士課程ではまさに「こころと脳を鍛えられた」印象が強く、自身が最も成長した記憶があります。背景に、山梨の風土や山梨大学の教育方針があるのは明らかです。山梨大学工学部生命工学科で学ぼうと考えている皆さん、山梨大学は可能性をたくさん与えてくれます。是非入学してきてください。そして山梨大学での学生生活でしっかり成長され、立派な社会人になって、世の中に貢献できる人材となってください。
ページの先頭に戻る