卒業生からのメッセージ

今村 哲也
信州大学医学部下部尿路医学講座助教
化学生物工学科平成10年度卒業
修士平成12年修了

『大きな夢を語り合おう』
みなさん、こんにちは。私は、医科学研究に情熱を燃やし、日々研究を進めています。そして、患者さんが、将来に対して希望を持って、今の苦しみを乗り越える勇気をあたえられるような研究をめざしています。 私の研究の基礎を成しているものは、学生時代に学び、得たものです。つまり、私が、研究者となることができたのは、山梨大学での暖かく、ときには、厳しかった、多くの先生方の懇切丁寧なご指導の賜物だと感謝しています。ここで、私が、大学進学を希望されている方、在学中のみなさんにお伝えしたいのは、 研究を心から楽しみ、大きな夢を語り合ってほしいということ、また、山梨大学には、それができる「学び」の環境があることです。

「研究をする」とは、医学、生物学、あるいは、物理学など領域を問わず、「ある物事や事象に対して疑問を抱くこと」、その疑問に対し「論理的な道筋によって自分の答えを導くこと」、最後に、その自分の答えをもとに「大きな夢を語り合うこと」です。山梨大学の「学び」の環境は、自分の研究から導いた答えをもとにした大きな夢を、恩師、友人や国内外の研究者と語り合う場を与えてくれます。賛賞を頂けることもありますが、ときには、厳しい批判にさらされることもあります。自分の研究を謙虚に、真摯に語り合うことで、多くの人とつながりができ、何ものにもかえられない自分の財産になります。ぜひ、この環境を活かし、研究の楽しさを学び、語り合い、将来のみなさん自身の仕事や人生をよりよいものにしてください。
(HP管理者による追記:写真は第8回泌尿器再建再生研究会研究会賞の受賞講演)

ページの先頭に戻る