卒業生からのメッセージ

花輪 圭太郎
甲府市役所
生命工学科 平成20年卒

『スペシャリストよりもゼネラリスト』
私は生命工学科でバイオサイエンスの知識を学び、さらには友人や先生、諸先輩に恵まれた充実したキャンパスライフと学園祭で行った生命工学科企画などで様々な経験をすることが出来ました。その過程で、「スペシャリストよりもゼネラリストとして地域社会に貢献したい」という気持ちが芽生え、現在の職を志しました。修得した基礎知識を駆使して課題に取り組む姿勢や統計的分析による課題解決などの生命工学科で培われた力は現在の仕事にも活かされています。 決して、理系学部だから就職先は専門職や技術職に限られてしまうということはなく、活躍できるフィールドも幅広いと思います。

生命工学科は、幅広い専門知識に加え、社会人としての基礎能力を養うための講義も用意してあり、学生自らが主体的に積極的に取り組んでもらえるように支援しています。生命工学科での学生生活を通じて、様々な経験を重ね、自分の興味や適性を知り、将来やりたいこと(職業等)を見つけることがきっとできると思います。

みなさんが、将来の目標に向かって充実した学生生活を送られることを心より期待しております。

ページの先頭に戻る