在学生からのメッセージ

川村 拓未
医学工学総合教育部 
平成23年度 生命工学専攻 修士1年

新しいことへの挑戦
私がこの学科を選んだ理由は、もともと生物に興味があり高校3年間生物の勉強をしてさらに詳しく知りたい、生物を利用して社会に役立てたいと考えたからです。実際入学して様々な微生物について学び、各微生物の社会への応用が思っていたよりはるかに幅広く、また古くから利用されてきたことを知った時には自然との深い関わりに感動しました。

そして学んだ様々な微生物の中から私は特にきのこについて興味を持ちました。きのこは私たちが普段から慣れ親しんでいる食材であり、また健康に良い成分をたくさん含んでいます。そこで現在私はきのこからそれらの有効成分を含んだ本格的な発酵食品を造る研究をしています。これはまだ誰もやったことがなく苦労することも多いですが、そういった新しいことに挑戦できる環境に感謝しながら日々新事実を発見できるというやりがいを感じつつ研究を行っています。

卒業後は学んだ知識や技術を生かし、今よりもより良い未来を目指して新しいことにも積極的にチャレンジし、社会に貢献していきたいと考えています。

中村研究室へ

ページの先頭に戻る