在学生からのメッセージ

渡辺 慎太郎
平成23年度 生命工学科 学部4年生

受験生の皆様へ
私が山梨大学生命工学科を選択したきっかけは、以前から生命工学という分野に興味があったからです。中学、高校と生物を勉強するなかで生命を形作る遺伝子やタンパク質の働きとその様々な応用に関心を持つようになりました。生命工学の分野は広範囲にわたります。また、これからもどんどん広がり続ける分野だと思います。それだけに微生物学、生化学、有機科学、等々学ぶべきことは多いです。日々、国内外から新しい発見の報告があり、それについていくために毎日勉強をかかすことができず大変ですが、それだけにやりがいもあります。

 現在、僕はタンパク質の結晶構造解析の研究に携わっています。毎日が試行錯誤の連続です。生命工学の実験はこれまで誰もやったことがないことがほとんどなので失敗の連続です。そのため何度も解決策を自分で考えなければなりません。自然と自分で考え実行する力が身に付いていきます。さらに実験が成功した時の喜びはとても大きいものです。別の研究室に所属する友人たちとのディスカッションも興味深く、身になることばかりです。所属する研究室が異なればまったく違った研究を行っているので、知識の交換をするだけでも大変有意義です。

 これから大学に進学する皆さんには不安なことの方が多いかもしれません。しかし、自身の可能性を信じて勇気ある一歩を踏み出してほしいと思います。

ページの先頭に戻る