卒業生からのメッセージ

宮本 雅弘
株式会社ピックルスコーポレーション
代表取締役社長
発酵生産学科 昭和59年卒業

『風林火山にあこがれての発酵生産学科』

   卒業してあっという間に30年経過致しました、もう時効ということで許してもらえそうなので白状しますが、あまり勉強した記憶がなく思い出すのはアルバイトと「バッカス」の教えをねたに飲み会ばかりしてました。
   梨大生ということで地元の信頼も厚く、またとても密接で、家庭教師や食事付のアルバイトなど優遇して頂きました。

   発酵生産学科(当時、今は生命工学科)というのは当時珍しい学科で、まだバイオという言葉も一般的には知られてないころに、座学はもちろんのこと、実験、応用など幅広く学ぶことができましたこと大変感謝しております。
就職は実家から歩いて通えるという理由で近所の漬物メーカーに発酵つながりで入社したわけですが、企業側も特異な学科の学生をどう扱っていいのかわからなかったのか、営業・製造・開発・技術など多方面に勉強させて頂きました。

   山梨県甲府市という土地柄、全国から集まってくる学生、自主性を重んじる校風、歴史が築いた校内の伝統(特に学園祭)などによりほんの4年間でしたが、私の人生におおきな影響をもたらしてくれました
現在は、ピックルスコーポレーション(代表商品は「ご飯がススムキムチ」です)にて経営にたずさわるようになりましたが、本当に貴重な時間となっています。

   人生は長いようであっという間ですので、大学時代はとても大切な時間だと思います。勉強も大切ですが、いろいろな経験をされるためにも風林火山の武将が統治した伝統のある甲府市。おすすめします山梨大学。

ページの先頭に戻る