研究室ホームページへ
宇井 定春 教授(~2015年3月)

【研究テーマ】
微生物の分子育種と機能性物質生産


生物の世界には、我々の知らない現象がまだたくさん秘められています。当研究室では、微生物のもつ驚異的な能力を見いだし、そしてそれを最大限にひきだす ことにより、人間の生活に役立てて行くための研究を行っています。生物は、DNAの情報をもとに酵素と呼ばれるタンパクをつくり生命機能を発揮しているこ とから、その能力を最大限に生かすには分子生物学から培養工学まで様々な分野の知識・技術を総動員しなければなりません。我々は遺伝子工学技術を応用し て、工業分野で需要の高い有用化合物を生産するために必要な微生物酵素の改良を行う研究や、微生物間の相互作用を活用することにより、利用の難しい農産廃 棄物からメタン・水素などの燃料を生産する研究など、21世紀の工業発展に貢献する微生物利用技術の基礎研究を展開しています。

ページの先頭に戻る