研究室ホームページへ
ナノバイオテクノロジー研究室

【研究テーマ】
生体分子制御システムの開発


新森 英之
准教授
S1-201
研究者総覧へ

 近年、人間社会と自然界との調和が大きく叫ばれていますが、その中で生体の機能に習った科学はバイオテクノロジーの発展のみならず、ナノテクノロジーやナ ノバイオテクノロジーへの応用も期待されます。そこで我々は生体機能を利用した新規な機能性材料の開発や生命現象の分子化学的解明を目指しています。植物 や動物を含む生物の構成単位は細胞です。これらをミクロな目で見ればそのほとんどは有機分子であり、微小な化合物が集合して生命活動を担っています。この 集合様式にはある決まったルールが存在し、多様な分子を識別しながら相互に作用しています。このことから我々は生体物質に対する分子認識機能を付与した 様々な化合物を人工的に合成し、その多彩な機能を細胞環境を用いて解明することで創薬化学やバイオセンサーへの適用、さらには生体・環境適合材料の開発等 に関する研究を行っています。

ページの先頭に戻る