研究室ホームページへ
蛋白質構造生物学研究室

【研究テーマ】
タンパク結晶構造決定による機能解析


楠木 正巳
教授
S1-204-2
研究者総覧へ

大山 拓次
准教授
S1-306
研究者総覧へ

構造生物学は蛋白質や核酸などの生体高分子の分子構造を、X線結晶解析やNMR分光学の方法で決定し、その機能を構造の立場から研究する分野です。この研究室では、X線結晶解析の手法を使って蛋白質の立体構造を決定し、その機能を研究しています。これまで、植物、動物、微生物のいろいろな蛋白質の結晶構造を決定しました。最近では、マウスの脳タンパク質カルノシナーゼCN2や、西洋キクのアントシアニンアシル基転移酵素、トウモロコシのグルタミン合成酵素などの立体構造を明らかにし、酵素の機能を分子構造から詳しく調べています。

ページの先頭に戻る