卒業生の活躍

須見 洋行氏
倉敷芸術科学大学産業科学技術学部 教授
発酵生産学科(現生命工学科)昭和43年卒
発酵修士課程(現生命工学専攻)昭和45年修了

 ナットウキナーゼを1980年(発表は1986年)に発見しました。ナットウキナーゼは納豆菌が大豆に作用し、発酵する過程でつくられる酵素で、血栓を溶かす作用があります。納豆の健康食品としての有効性を学術的に裏付けた研究です。この研究がきっかけとなり、納豆には健康に役立つ様々な有効成分が含まれていることが明らかになりました。

ページの先頭に戻る