研究室ホームページへ
胚環境研究室

【研究テーマ】
体細胞核移植クローン初期化機構の解明とその応用


岸上 哲士
教授
S1-213
研究者総覧へ

渡辺 連
助教
S1-206

胚の発生は、卵子の老化や培養環境、また「核の質」などの要因により大きな影響を受けます。また、胚や胎児の環境が個体の遺伝子発現や性質にまで影響することも明らかになりつつあります。私達は、哺乳類の個体発生や個体の性質に影響を及ぼす胚の仕組みを明らかにしたいと研究をおこなっています。
ページの先頭に戻る